子育て

NLPを学ぶ方の中には、
真剣に子育てと向き合っているお母さんが沢山います。

そんなお母さんの一人から、
素敵なメッセージが事務局に届きました。

そして、ご披露したくなりました。

日本コミュニケーショントレーナー協会○○トレーナー様、こんにちは。

昨日の名古屋での講座に参加させていただいた、○○○○子です。
昨日は大変お世話になりました。

まずは、お詫びさせて頂きたいことがあります。
講座終盤のグループワーク前の説明のところで、
AトレーナーとBトレーナーが
私の良いところを言葉にして頂いている間に私が泣いてしまい、
申し訳ありませんでした。

お二人からとても嬉しい言葉をかけて頂いている間、
私の表面的な面だけでなく、
内面の深いところを認めてもらっているように感じられ、
心底嬉しくて涙が出てきてしまったのです。

私自身の子どもの頃からの両親との関係や自己肯定感の低さ(見捨てられ感?)等から、
「自分は理解してもらえない」と言う思いが常に心のどこかにあったので、
お二人がちゃんと私を見てくださっていたのが思いのほか嬉しく感じられました。

・・・という思いを講座の帰り際、
握手していただいた際にお伝えしたかったのですが、
まだその嬉しさに胸がいっぱいで言葉にすることが出来ませんでした。

きっかけは子どもに柔軟に接する方法を学びたくて参加したのですが、
それ以上にNLPで多くのことを学べ、
誰の人生・仕事についても応用が出来ることを知り、
ますます興味が湧いてきました。

グループワークを通じて自分を掘り下げていき、
レクチャーを楽しみながらも進むにつれ
「これは自分の人生を変える大きなチャンスになる」
という確信めいたものが感じられました。

また、講座の中ではAトレーナーの
「被災者や被害者の恐怖感も取り除けます」というお話があり、
心理カウンセリングで解くことのできなかった辛い子ども時代や
犯罪被害に遭ったことも無理矢理に「頭で肯定する」のではなく、
「心から自分の人生を肯定できるのでは?」という希望を感じました。

そうして講座の後、
Aトレーナーが講座冒頭で仰ったとおり、
「何かを学べた」というワクワクとした明るいポジティブな気持ちで帰路に着きました。

帰宅後、
子どもに「あなたのおかげで素敵なことを学ぶチャンスが得られたよ。ありがとう。」
と伝えることが出来ました。

その後、講座で学んだ相手の話したいことを引き出す方法を試しながら、
子どもの話を聞いたところ、
久々に和やかに会話が弾んで楽しい時間を過ごせました。
昨日はそのポジティブな気持ちのまま眠りにつき、
朝も変わらぬ明るい気持ちで目覚めました。

仕事に対する姿勢もより積極的になり、
新たな気づきが続出です。
この状態をキープできるよう、努力していきます。

とても貴重な学びの機会を与えていただいて、
本当に有難うございました。

これからも学んで行きたいと思っています。
お忙しい中、長いメールを読んで頂き有難うございました。
ご多忙ですが、くれぐれもご自愛なさいますよう。

また近いうちにお目にかかれるのを楽しみにしています。
○○県○○市○○○○子

以上です。

子どもの表面ではなく、内面と向き合う。
それだけで、まったく違う関係になれたようですね。

誰にでもチャンスがある。
短い時間で「好機の提供」。
そして、『世界中が笑顔』

全国のコミュニケーショントレーナー、
アシスタントの皆様。
そして、事務局の皆様。

トレーナー協会に関わる全てが、
私たちの誇りです。

お問い合わせ・無料相談 コース見学 初めての方も安心して学べるNLPセミナー・講座 10周年記念キャンペーン 資格取得コース

ページの先頭へ