東京 NLPを使って日常生活をより楽しく!

こんにちは。

トレーナー協会です。


NLPを使うと何が出来るの?と言った

ご質問が良くあります。


言ってしまうと、沢山の分野で活かせるので

言い始めたら、きりがないように思えます。


そこで、簡単な事例とスキルを書いてみるので

参考にして頂ければ幸いです。


カリブレーション


NLPのスキルに「カリブレーション」と言う

スキルがあります。


このスキルは、「観察」をすると言う事です。


例えば、自分でも周りの方でもいいので

「好きな食べ物」「好きな人・大切な人」

「趣味をしているとき」など肯定的な事を

1つ思い出して見てください。


思い出してもらったら今度は否定的な事を

思い出したり、想像してもらいます。


好きな食べ物であれば嫌いな食べ物を思い浮かべる。

好きな人であれば苦手な人を思い浮かべる。


自分自身で行ってる場合は

肯定的な事を思い出しているときと

否定的な事を思い出しているときの

体の変化に気づいてください。


周りの人に協力してもらっている人は

肯定的な時の表情と否定的な時の表情を

細かく観察してみてください。


表情以外にも呼吸のペースやのどの動き

姿勢などにも変化が表れているかもしれません。


この様に、観察力をトレーニングすることによって

目の前の相手がどんな状態かを知ることができるので

相手の気持ちに寄り添う言葉が掛けれるようになります。


相手に気づきを与える質問


NLPには大切にしていることがあります。

言葉の裏側にあるものにフォーカスを向けるという事。


例えば苦手な人がいれば、

その苦手な人を思い浮かべてください。


そして、その人のどんなところが

嫌いかを思い出してください。


怒鳴るところ?上から目線なところ?

甘えるところ?消極的なところ?


人それぞれ苦手な人が違うと思います。


もう一つ、質問をします。

同じような人は好きですか?

苦手な人と同じようなタイプの人は

好きでしょうか?という事です。


多分、多くの方は苦手なのではないでしょうか?

そして、もし相手が苦手な部分を改善したとしたら

その人に対する見方は多少変化すると思いませんか?


人が嫌いなのではなく

苦手な部分があるだけなのです。


この様に、多くの人はすべてが問題だと

勘違いしていますが、ほとんどは一部だけが

問題を引き起こしているだけなのです。


多くの人は問題に中々気づくことが出来ません。

NLPの質問を学ぶことで、

相手が自ら気づくサポートが出来ます。


NLPは応用が大切


学ぶとわかりますが

NLPは意外とシンプルです。

シンプルだからこそ難しく感じることがあるかもしれません。


しかし、応用が出来れば

多くの場面で活用が出来るとても

素敵なスキルだと思います。


対人関係や自分テーマとしっかり向き合うことが出来ます。


 

お問い合わせ・無料相談 コース見学 初めての方も安心して学べるNLPセミナー・講座 10周年記念キャンペーン 資格取得コース

ページの先頭へ
お問合わせ受付時間
月~金(土日祝除く)9:30~12:00 13:00~17:30