NLPと葛藤

こんにちは。

トレーナー協会です。


7月も後半に入り

とても暑い日が続いていますが

いかがお過ごしですか?


記録的な暑さが続いているそうで

熱中症など体調管理にはお気を付け下さいませ。


本日はNLPで扱うトレーニングのご紹介です。


葛藤と向き合う


NLPで扱うものに葛藤の統合というものがあります。

ここで扱うものは○○したいけど××してしまう。


例えば、お酒をコントロールしたいけど・・・飲みすぎてします。

貯金したいけど・・・ついつい使いすぎてしまう。


この様に、したいけど出来ないテーマについても扱います。


そもそも、飲みすぎてしまう。

使いすぎてしまう。

わかってはいる訳ですよね?

しかしできない。


これにはちゃんとした理由があるのです。


メリットがあるのです。


例えば、タバコを吸う人にもメリットがあります。

集中できる。リラックスできる。


お酒を飲むのも一緒です。

楽しいから飲む、付き合いが大切など・・・


やめたいと思っている行動には肯定的な意図があるのです。


逆に、タバコをやめたい=健康に気を使う、周りの目が気になる。

お酒をコントロールしたい=健康・次の日・美容。


このように、こうなりたいと思うことに対しても

肯定的な意図があります。


望ましい行動にも

否定的だと思っている行動にも

大切な意図があるのです。


では、否定的な行動をなぜしてしまうのでしょうか?


答えは簡単です。


大切にしているものには順番があるからです。


リラックスも大切です。

健康も大切です。


そして、リラックスと健康を天秤に掛けたときに

リラックスのほうが強いと、タバコはやめられない訳ですね。


意図を探ることによって

自分を知り、それを見つめなおすことで

行動パターンを工夫することが出来ます。


自分を知るチャンスです。


この様に自分に起きる葛藤は

自分を知るチャンスになります!!

やめられない行動に気づいたら

少し自分に問いかけてみてください。

「何を満たそうとしてくれているのか?」と

自分を知ることが出来ると、葛藤に対して

行動を変化させることが出来るかもしれません。

お問い合わせ・無料相談 コース見学 初めての方も安心して学べるNLPセミナー・講座 10周年記念キャンペーン 資格取得コース

ページの先頭へ