NLPカウンセラー&コーチとして

創始者米国NLP™協会認定資格取得スクール

NLPカウンセラー&コーチとして

2019年04月10日

こんにちは。

トレーナーの猪瀬です。

「やりたいことをやりなさい」

「やりたくないことはやらなくていいの」と言う言葉が

色んな所で広教えられています。

実際に、NLPやカウンセリング・コーチング等でも

そういった言葉は沢山使われます。

「自分のやりたいことをやる」確かに素敵な考えだなと思います。

しかし、逆を返せば「やりたいことをやりなさい」と言う

教えのおかげで 我慢が出来なくなっている現状もあるのではないでしょうか。

「これは俺に向いてないから」

「これは、私のやりたいことじゃない」など

すぐにあきらめたり、挫折してしまったり、

そんな人も増えてきている気がします。

確かに無理にやりたくない事を

やらされるのはストレスかもしれません。

私も、トレーナーとして人前で話すって最初はしたくなかったですから(笑)

でも、アンケートなどで素敵なメッセージや

評価を貰うとすごく嬉しいんですね。

時には改善点を教えてくれる方もいらっしゃいます。

それを繰り返し行う内に「楽しいな」と思えるようにもなりました。

「自分に合う仕事」ってもしかしたらすぐには見つからないかもしれません。

運が良ければ一回で「天職」に出会えるのかもしれませんが…

しかし多くは、「積み重ね」だと私は感じます。

「自分のやりたいこと」を見つけるには

時には嫌だなと思う事にチャレンジしてみると

ヒントを見つけられるかもしれません 。

カウンセラー、コーチの大切な

以前、私が住んでいた家の近くにはケーキ屋さんがありました。

いつもあまり混んでいるお店ではなく(笑)

ちょっとしたご褒美に、よく利用していたのですが

ある時、テレビで紹介され、突然、人気店になってしまいました。

このようなメディアによる「お墨付き」となることも

「権威付け」の一種であり、消費者の行動に大きな影響を及ぼします 。

この「権威付け」はメディアだけではありません。

医師、弁護士、建築士といった高度かつ特殊な技術を 要する専門職が発信する情報も、 人を行動させ、 一瞬で心の状態を変化させる

大きな影響力を持っています。

風邪かな?と思って病院へ行ったとき、

診察中の医師が急に怪訝そうな顔をしたらどうですか?

「もしかして大きな病気?」と、急に不安になりませんか?

もちろん医師には、不安にさせようという悪意などはないはずです。

しかし、「権威的な相手」による言動は

何気ない仕草だけでも相手を傷つけてしまうこともあり、

逆に一言で救うこともあるのです。

カウンセリングやコーチングにおいては

カウンセラー・コーチが権威的な存在となります。

 たった一言、ひいては表情一つで

クライアントの心を傷つけてしまうこともある。

だからこそ、しっかりとした知識とスキルを

身につけることが求められるのです。

  • メール・お電話でのお問い合わせ・無料相談
  • NLPを体験したい!NLP入門コース
  • はじめての方へ!創始者の認定資格NLPプラクティショナーコース
受付時間:平日(祝除)9:30~12:00 13:00~17:30
ページTOPへ