ま行

ミラーリング

相手の動作を鏡のように映し出すこと。
しかし、やり過ぎると相手がバカにされたように感じ、ラポールを壊すことになりかねないので注意が必要。相手よりも、やや遅いペースでさりげなく、やりすぎないことが大切。

ミルトン・モデル

わざと曖昧な言葉を使うことで相手の無意識に新たな気付きを与える対話術。
相手が快く受け入れ、反応するようにメッセージを伝達するのに有効な言語パターンのセット。メタ・モデルの逆。ミルトン・H・エリクソン(Milton H. Erickson)博士の用いた言語パターンに基づく。

メタファー(隠喩)

比喩やたとえ話を用いることである状況や現象を別のものと考えてみるプロセス。ストーリー、寓話、比喩などを使って話した方が、直接介入するよりも相手が聞きやすく(受け止めやすく)潜在意識を活性化させ、気付かせ、行動力を引き出しやすくする。

メタ・プログラム

相手が使っている言語パターンから基本的なプログラム(知覚・認知)を明らかにする。コミュニケーションにおいて、相手の何に、どのようなプログラムを持っているかを知ることで、アプローチがしやすくなる。

メタモデル

人間は、深層部(無意識レベル)の体験を言語化する時、「一般化」「歪曲」「省略」のフィルターを自動的にかけ、表層部で表現をしている。しかし、それは思い込みの世界であり実際の事実とは違い、意味が不明瞭・制限のかかった状態である。
これらを取り除き、「深層部にある体験・事実」に近づけ、自分が自分に気付かせる質問をメタモデルと言う。
直接アドバイスされるより、質問されることの方が受け入れやすいものである。

モデリング

他人の行動を模倣し、成功するパターンなどを学ぶこと。どのように何かが起こっているのか、あるいは、いかに考え行動しているかということを観察し、行動、生理的反応、観念、価値観、内部状態、戦略などを分析し、自分のものとしてやっていくこと。

  • メール・お電話でのお問い合わせ・無料相談
  • NLPを体験したい!NLP入門コース
  • はじめての方へ!創始者の認定資格NLPプラクティショナーコース
受付時間:平日(祝除)9:30~12:00 13:00~17:30
ページTOPへ