変化を促す2つの方法

創始者米国NLP™協会認定資格取得スクール

変化を促す2つの方法

2019年10月23日

こんにちは

トレーナーの猪瀬です。

今回は、「相手に変化をもたらす」2つの方法をお伝えしたいと思います。

まず1つめは「権威」です。

権威的な方の言葉は、多くの人が信じたり、
従ったりする傾向にあります。

例えば、医師や弁護士といった専門的な職業、

社会的地位が高い人などの言葉は、聞く側の信用性が高く、

「正しい」と思いやすいため、行動の変化も起こしやすくなります。

身近なところで言えば、

レストランの「美食家〇〇さん御用達の店」

化粧品の「女優の〇〇さん愛用」といった紹介の仕方も

権威による心理学的な要素を活用しています。

ただ、権威によって行動を促す効果は、即効性に優れていますが、

相手に大きなストレスを与える要因にもなり得るため注意が必要です。

 

2つ目が、脳から分泌されるホルモンの一種「オキシトシン」です。

 

オキシトシンは、分泌されるとやさしい気持ちや幸せを感じることができるため

最近では「愛情ホルモン」「幸せホルモン」とも呼ばれるようになりました。

 

また、新しいことにチャレンジしたくなる、
他者の役に立ちたいという気持ちが芽生える

といった作用があるとも言われています。

古くから女性の母性に関わるホルモンとされていた、このオキシトシンですが、

長年の研究により、男性でも分泌されることや家族やパートナーだけでなく

仲の良い友人と、一緒に遊んで楽しむことでも
分泌されることがわかってきました。

 

つまりリラックスした状態でのコミュニケーションを活用することにより
意図的に相手の脳内にオキシトシンを出すこともできるわけです。

 

権威と比べると、即効性においては少し劣るかもしれませんが、

ストレスなく行動変容につなげられるという点では、
とても効果的かもしれません。

 

愛情ホルモンと癒しの関係、とても面白いですよね。

 

  • メール・お電話でのお問い合わせ・無料相談
  • NLPを体験したい!NLP入門コース
  • はじめての方へ!創始者の認定資格NLPプラクティショナーコース
受付時間:平日(祝除)9:30~12:00 13:00~17:30
ページTOPへ