資格取得コースの様子

著名な企業・団体で実績あるトレーナーが担当。テレビ・メディアへの出演、掲載履歴。

はじめての方向けのNLPセミナー・講座

NLPを学び続ける方へ

NLPとは?はじめてNLPを学ぶあなたへ。

はじめてNLPを学ぶあなたへ
「自由が全てであり、愛が残り全てである」

NLP創始者リチャード・バンドラー博士

「自由な自分とまわりを育むNLP」

日本コミュニケーショントレーナー協会

「すべてが未熟である。残りがあるとすればゆるし」

日本コミュニケーショントレーナー協会
代表理事 椎名規夫

「NLPとは」

NLPは、
Neuro Linguistic Programming(神経言語プログラミング)の略です。

NLPは、1970年代のアメリカで、
カリフォルニア大学サンタクルーズ校(UCSC)の
言語学部で助教授の
ジョン・グリンダー博士と
当時学生だったリチャード・バンドラー博士が
共同開発したコミュニケーション心理学で、
コミュニケーション・自己開発・心理療法に
役立つ新しい学問です。

グリンダー博士とバンドラー博士は、
当時の天才といわれた3人のセラピストのスキルを研究し、
クライアントが影響される言語パターンを体系化しました。
そして、
彼らの卓越性を再現するスキルこそが、
NLPのベースとなる「モデリング」というスキルです。
※モデリングを分かりやすく表現すると真似することです。
 成功者の卓越性を真似することで、同じように再現するテクニックです。


そして、誰もがモデリングを習得すれば、
あなたも成功者たちの卓越性を簡単に手に入れることができるのです。

あなたの求める成功者たちの卓越性は、
マネジメント、医療、教育、癒し、
自己実現、自己表現、自己開発、
子育て、他人関係、セルフコントロールなど、
何でも構わないのです。

NLPのモデリングを使えば、
あなたが望む結果を手に入れることができるのです。

あなたが望む人生の成功者がいるとすれば、
その卓越性をモデリングして習得すればいいのです。
人生、結果に違いをもたらす卓越性を手に入れたとき、
私たちはどれだけ豊かな人生を手に入れることができるでしょう。

同じ苦労をするなら、
素晴らしい結果に繋がる時間の使い方をしませんか?


「NLPとは」:天才といわれた3人のセラピストから生まれた

ヴァージニア・サティア女史 (1916年 - 1988年)
家族療法のNo.1セラピストとであり家族療法の母とよばれました。


フレデリック・パールズ氏(1893年 - 1970年)。
ゲシュタルト療法の創始者です。


ミルトン・エリクソン氏(1901年 - 1980年)。
精神科医で20世紀最高の催眠療法家と言われます。

グリンダー博士とバンドラー博士は、
3人のセラピストが持つ共通性に気づきました。


ミルトン・エリクソン

ヴァージニア・サティア女史と
フレデリック・パールズ氏は、
クライアントに同じパターンでアプローチしていました。

彼らのアプローチ法とは、
起きた出来事を明確にしてから、

クライアントの視野を広げるアプローチ法でした。

一方、ミルトン・エリクソン氏は、
2人のセラピストとは全く逆のプロセスをしていました。
クライアントの視野を広げてから、
起きた出来事の意味を明確にしたのです。

エリクソンのアプローチは、
サティアやパールズとは逆でしたが、
クライアントに施していたことは同じだったのです。

この様に3人に共通したアプローチ法を体系化し、
NLPが誕生しました。


「NLPとは」:最強のコミュニケーションスキル

そして今では、
コミュニケーション、
子育て、コーチング、コンサルティング、カウンセリング、セラピー
マネジメント、人材開発、ビジネス、営業、
医療、教育、福祉、IT技術者、
自己実現、自己開発、自己表現
様々な分野で注目されるようになりました。

天才的なセラピスト3人の
「言葉づかい」、
「行動パターン」、
「無意識の扱い方」を観察、研究し、
さらに言語学・心理学などを取り入れたのがNLPです。

誰にでもすばやく、
簡単にでき、
しかも実践的な心理学として『NLP』が誕生しました。

NLPが最強のコミュニケーションスキルといわれる由縁です。


「NLPとは」:1980年はじめに日本に伝わったNLPの歴史

日本で自在にNLPを操る先人に、
「なぜ、日本に伝わってきた1980年代に、NLPを教えなかったのですか?」
と素朴な質問をしたことがあります。

すると、
「当時の日本はHaving(物質的な所有)を求めた時代でした。
そして、
余暇をどう過ごすかというDoing(行動)を問われた時代を経て、
Being(生き方・在り方)の時代へと進化したね。

ところが、これからはBeingを問うだけではなく、
『深化』というキーワードが大切な時代になるでしょう。
もし、あの当時に私がNLPを教えても…」

今でこそ様々な分野で注目されているNLP。
そして、コミュニケーションスキルNLP。

1980年代という時代は、
心理というと宗教と勘違いされる時代でした。

そんな時代にNLPを普及させることは困難だったのでしょう。


「NLPとは」:20世紀最高の催眠療法家からの奥義

前出のように、ミルトン・エリクソン氏は、
NLPのモデルの一人となり、
現在の心理学全体に多大な影響を与えた、
20世紀最高の催眠療法家と言われる精神科医です。

ミルトン・エリクソン氏は、
心理臨床に関してシンプルに解説しています。
「ただ必要なのは患者のいまやっている
努力の方向づけを変えることであり、
患者の行動を強制することではない。

患者を教育するとするのは、
ばかばかしい努力であることが多い。
家族、組織内、プライベート。
私たちはシンプルな方法で、
自然に豊かさに満ちた周りをつくれる」

と記しました。

また、エリクソン氏の愛弟子で有名なビル・オハンロン氏は、
心理療法の評論『コンテクストを変えること』で、
「本書の中心課題の一つは、
心理療法は何も変えられない・・・」

と述べています。

それは、どんなに「成功した」心理療法でさえも、
何も(事実を)変化させていないし、
(原則として)何も変化させ得ないし、
何も(成功した結果として)変える必要はないという意味です。

30年前に日本でNLPを学んだ先人も、
私たちに同じことを教えてくれました。

NLPは不思議です。
NLPを身につけることで、
何も変えないのに、変わることができるのです。
それが、NLPの奥深い魅力なのです。


「NLPとは」:『自己実現』『自己表現』『自己開発』の道具

NLPは、
家族と仕事などの様々な場面において豊かな成果へと導きます。

故に、
NLPは、教育、医療、スポーツ、福祉、マネジメント、営業、
コーチング、カウンセリング、セラピー。
これから益々成長するメンタリングなど、
様々な分野で卓越した成果が達成できるスキルとして注目されているのです。

最近、大学生や主婦の受講が目立ちます。
彼らに参加理由を尋ねると、
『自己実現』『自己表現』『自己開発』と答える方が多く見受けられます。

さらに目的を探ってみると、
「もっと、まわりに役立てると思う」
「今に満足ができない、もっと出来ることがあるはず」
「自分を変えたい、そして、まわりにも変わってもらいたい」
等とNLPに肯定的な機会を求めているのです。

自分の可能性を追って受講される方が増えました。
本当に良いことです。
なぜならば、NLPはそれらを実現させるからです。

トレーナー協会のOB様達の声を確認するだけでも、
それを証明することができます。

コミュニケーションの力は、人としての土台。
コミュニケーションの力が、人生の豊かさの違いを作ります。
NLPはコミュニケーションの力で思い通りの人生をつくるお手伝いをします。

それが、NLPはシンプルなのに、
様々な分野の人々を惹きつけている秘密です。

お問い合わせ・無料相談 コース見学 初めての方も安心して学べるNLPセミナー・講座 10周年記念キャンペーン 資格取得コース


NLPで何が出来るの?

ここまで読んで「NLPで何ができるの?」とお思いの方も多いことでしょう。
そこで、NLPによって得られる代表的なメリットを挙げてみましょう。

  • コミュニケーション能力が身につくので、仕事・プライベートの質が向上します
  • 人間関係構築・改善能力が身につくので、対人関係でのストレスが無くなります
  • 日常生活で起きるストレスへの対処法が分かるので、更に自分の人生を楽しめるようになります
  • 「幸せ」「成功」のテーマに向き合うスキルで、まわりと自分を豊かな人生に導きます
  • ネガティブな考えや感情が全て、自分の成長のために存在することを知るので、人生を楽に生きられるようになります
  • 解決できる問題と解決しない方が良い問題が整理されるので、毎日の生活が充実します。(ちなみに人によっては「不安」「内向的」「イライラ」は解決しない方が良い問題に属します。「苦手意識」「緊張」「断れない」は解決できる問題です)

この応用範囲の広さが、
分野を超えて多くの方から注目される理由です。


「NLPとは」:問題のレベル

長い間、問題を抱え続ける方がいます。
つらい時間を耐え続けてきたことと思います。

NLPでは、そんな時、
「なぜ、解決できないのか?」を、
問題解決のレベルとして3つに分けて考えます。

  • 1.方法を知らない(知識を知らない)
  • 2.方法を知っているけれど上手くできない(自分流になりすぎている)
  • 3.『なぜ?』理由が分からない(心理的な要素がある)

方法を知らないレベル。
このレベルは、
知らない知識を得ることで乗り越えられるレベルです。

  • コミュニケーションの基本が分からない。(NLPの得意分野)
  • 名刺の出し方が分からない
  • 結婚式のスピーチで話す方法を知りたい
  • 洋服の選び方

等などです。


本屋さんやセミナーに参加すれば乗り越えられはずです。 知識を手に入れれば乗り越えられる問題です。

方法を知っているけれど上手くできないレベル
例えば、

  • 同じ営業研修を受けたのに同期の中で成績が下の方。その理由が分からない
  • 報告をしているのに『言っていることが分からない』と叱られる
  • レシピ通りに作っているのに、おいしい料理にならない!」
  • まわりと信頼関係が構築できない(NLPの得意分野)

このレベルの問題は、
自分流でやっていて相手に受け入れてもらえない場合がほとんどです。

こんな場合は、
上司や先輩、
専門家やコーチに相談すれば解決できる問題です。

『なぜ?』理由が分からないレベル

「子どもにイライラして怒鳴ってしまう」
「言いたいことが言えない」
「まわりと比べてしまう」
「断れなくて、みんな受け入れてしまう」
「背負っている十字架をおろしたい」
「素直になれない」

このレベルは、一人で乗り越えるのが困難です。
また、誰かに相談しても、
解決法が分からないレベルです。

なぜならば、
深い心理的な要因が関係している場合があるからです。

そして、このレベルの問題を乗り越えるのを得意とするのがNLPです。

NLPは奥深い技術です。
「NLPに出会えてよかった!」と笑顔になれる、
あなたにピッタリのNLPに出会ってください。


「NLPとは」:『なぜ?』理由が分からないレベル

NLPが日本に伝わって30年が経ちました。
今では日本全国で学べる機会が提供されています。
だからこそ、自分の目的にあったNLPを学ぶことが大切です。

NLPを学ぶ魅力は、
『なぜ?』理由が分からないレベルを解決する方法が見つかるからです。

『なぜ?』理由が分からないレベルのテーマとは、
「本当は○○したいのに、なぜか出来ない」という問題です。

例えば、
「優しくしたいのに怒ってしまう・・・」
「感情をコントロールしたいのに出来ない・・・」
「人前で冷静でいたいのに緊張してしまう・・・」
「なぜか自信を失ってから立ち直れない・・・」
「夫(妻)としての役割や義務をはたせない・・・」
「まわりと比べてしまい辛くなる・・・」
「苦手な相手と上手くできない・・・」

また、実存的なテーマで参加される方もいらっしゃいます。
「生きている目的を見失った・・・」
「このままの人生でいいのだろうか?」
「最近、生きている喜びを感じることが出来ない・・・」
「モチベーションが上がらない理由が分からない・・・」

NLPはこのような、
本を読んでも、
セミナーに参加しても、
誰かに相談しても解決できないテーマと向き合うことにも使えます。


「NLPとは」:『なぜ?』理由が分からないレベルを乗り越えるために!

このような繰り返される問題にチャレンジする方は、
自分とまわりに真摯に向き合う資質を持つ方です。

なぜならば、
自分やまわりのテーマと真摯に向き合うには、
しっかりと現状に向き合う勇気が必要だからです。

現状に目をそむけては、
どんな問題も乗り越えることはできません。

そして、
現状と向き合うために、
『気づく力』をトレーニングしなければなりません。

『気づく力』は、豊かな人生を送るための技術です。
そして、これまで気づかなかったことを知る勇気です。
成熟した大人が、さらに成長していくためのプロセスです。

私たちは、気づかない方が楽に生きられます。

  • 自分やまわりが傷ついていることに気づかない方が楽です
  • 自分やまわりが気配りしすぎているのに気づかない方が楽です
  • 自分やまわりが無理していることに気づかない方が楽です
  • 自分やまわりに厳しいことに気づかない方が楽です
  • 自分やまわりが頑張り過ぎることに気づかない方が楽です
  • 自分やまわりが満足できないことに気づかない方が楽です

しかし、社会でリーダーとして活躍するほど、
気づき、苦しむ傾向があります。

リーダーは、仕事やまわり、そして、自分に高い成果を求めます。
それは、とっても素敵なことです。
しかし、身体的なケアとともに心理的なケアも忘れないでください。
※ケアを怠ると家族や健康を壊すことがあります。私も経験者です。(笑)


「NLPとは」:学び続ける魅力があります。

トレーナー協会のNLPには、
学生、主婦、ビジネスマン、専門職、医師、臨床心理士、管理職、経営者・・・
それぞれの立場の方が学びに来ます。

そしてNLPについて、
「こんなに続けて学べるスキルに初めて出会えた・・・」という方が、
大勢いらっしゃいます。
これもまたNLPの魅力です。

NLPとは、コミュニケーションスキル。
NLPとは、対人コミュニケーション、
セルフコミュニケーションの基本です。

そんなNLP。
『何も変えないのに変わることができるNLP』が身についたら、
あなたは、どのように変わりますか?

あなたのまわりは、どのように変わりますか?

あなたの未来は、
どのように広がるでしょうか?


NLPとは:分野を越えて注目されている

NLPのスキルはさまざまな分野において活用され、
セラピスト、カウンセラー、経営者、ビジネスマン、教育者、政治家、
弁護士、スポーツ選手など、
分野を超えて多くの人たちが応用して驚異的な結果を出しています。

例えば、
アメリカのクリントン大統領は自身の演説に取り入れたと言われています。
彼は立ち振る舞いから、話す内容の組み立て、そして民衆の記憶に残る話し方など、
多くのNLPスキルを自身の演説に活かしていました。
オバマ大統領も、
あの卓越した説得力がある演説の背景にNLPがあるというのは有名です。

しかし、日本では、まだ一部の人にしかNLPは知られていないのが現状です。
また、NLPはそれぞれの分野に合わせて、
具体的な使い方が体系化されていないのが現状です。


「NLPとは」:NLPの悪い評判

最近、NLPの悪い評判を聞くことがあります。
「NLPって日常では使えないんでしょう!」
「NLPは日本人には向かなんでしょう!」
「NLPを学んだけれど、全く役に立っていない!」

私たちトレーナー協会にはいませんが(笑)
トレーナーによっては、
NLPが万能のように表現する方がいます。
しかし、
NLPは決して万能ではありません。

NLPは私たちの空腹を満たしてはくれません。(笑)
NLPを学べば不安やイライラがなくなることもありません。
もちろん、
NLPを学べば年収が上がるということもないのです。

それでは、NLPに何が出来るのか?

NLPを学ぶということは、
食事するときの箸の使い方を身に付けるのと同じです。

一時的な成果ではなく、
日常で当たり前に使いこなすことで、
『幸せ』と『成功』が手に入ります。

お問い合わせ・無料相談 コース見学 初めての方も安心して学べるNLPセミナー・講座 10周年記念キャンペーン 資格取得コース


NLPを学ぶメリット『幸せ』

NLPを学ぶメリットは何なのか?
NLPは人生を『幸せ』に生きるツールです。
そして、
NLPは人生を『成功』に導くツールでもあります。

『幸せ』とは、
過去と未来に捉われないことです。

『幸せ』とは、
今この瞬間を感じることです。
過去の満たされていた感覚や、
生きていることを肯定的に、今、受け取れる能力です。

『幸せ』は
過去にも、
未来にも存在しません。
『幸せ』とは今この瞬間を安定して生き抜く感覚だからです。

しかし、只々平坦な人生を送ってきたという方は少ないものです。
誰でも、過去に捉われる時や、
ある時は未来を不安に感じたりします。

例えば、大切な方を亡くしたりすれば、
誰でも悲しみを癒す時間を必要とするでしょう。

そんな時は別として、
現代は日常生活で誰もがストレスを感じる時代です。
ネガティブな過去の体験や、
不安な未来に縛られる人生では楽しく生きられません。

NLPは幸せに生きるためのツールです。

過去の様々な経験を学びに、
高い志をビジョンにして、
今を一所懸命に生きるスキル。
それがNLPの一つの魅力です。


「NLPとは」:NLPを学ぶメリット『成功』

『成功』とは、
自己実現を続けることかもしれません。

ですから、
成功者は自分を成功者とは呼びません。
一時的な成功に胡坐をかいている成功者などいません。

また、『成功』について、
同じ価値観を持っている方はいません。
だからこそ、
個々が『成功』を見つける事に苦労し、
『成功』を手に入れた後にどん底に陥ったりします。

NLPは、
自己実現の繰り返しと人生を『成功』に導くためのツールです。

それは、
個々の価値観を尊重しながら、
自分の生き方を見つけ続けていくツールになるからです。

誰もが『成功』する人生を望むでしょう。
それには、
『成功』を続けるしかないのです。


「NLPとは」:権威ある資格を取得しよう

茶道、華道、日本舞踊等などは、
家元の資格に権威があります。

NLPの資格も同じです。
創始者の発行する資格に権威があります。

ところが、NLPには二人の創始者がいます。
一人が、リチャード・バンドラー氏。
もう一人がジョン・グリンダー氏です。

創始者の二人は別々の団体で資格取得コースを開催しています。
日本ではリチャード・バンドラー氏の認定を、
リチャード・バンドラー米国NLP™協会系列の団体で受講することが出来ます。

リチャード・バンドラー米国NLP™協会系列には、
私たち日本コミュニケーショントレーナー協会。
ヒューマンアカデミーさん。
NLPセラピストアカデミーさん。
感性研究所さん等が認定団体として活動しています。

日本でNLPを伝える団体の80%以上が、
リチャード・バンドラー米国NLP™協会所属の団体です。

もう一人の創始者、ジョン・グリンダー氏系列のNLPは、
日本NLP学院さんで学べます。
権威ある創始者の団体で丁寧にNLPが学べると評判です。

この他にもクリスティーナ・ホール女史系の
米国NLP協会のNLP団体が日本で活躍しています。
その代表がVOICEさんやNLPラーニングさんです。

リチャード・バンドラー系とクリスティーナ・ホール系の
米国NLP協会のトレーナー同士は、交流が多いようです。
そして、日本で活躍するNLPトレーナーの90%以上が、
この二つの系列の米国NLP協会のトレーナーです。

また、サンタフェNLP系列の団体も日本で活躍されています。
日本ではチーム医療さんがコースを開催しています。
時間をかけて丁寧にNLPを伝えています。
トレーナーになる為の資格認定には3年から4年の期間がかかるようですが、
じっくりと学びたい方にはお勧めです。

更に、日本にはNLPの草分け的な存在としてNLP研究所さんが存在します。
代表の堀井恵トレーナーは、
日本のNLP史に輝かしい実績を残されている方です。
誇りある独自の認定資格を発行しています。

2009年からは全米NLP協会という系列の団体も日本で資格取得コースを開催しているようです。
歴史は浅いようですが、
頑張って活動されています。

さて、最近では「資格はなくても構わない!」という方も増えてきました。
しかし、資格取得が学ぶ時のモチベーションになることも事実です。
それであれば、権威ある資格。
誇り高い資格取得を目指してください。

更に、系列が違えば、上級の資格取得コースに進むことが出来ない場合があります。
例えば、創始者リチャード・バンドラー米国NLP™協会以外の団体で
プラクティショナーの資格を取得したとしても、
創始者リチャード・バンドラー米国NLP協会のマスタープラクティショナーコースは、
受講できません。
それは、
創始者ジョン・グリンダー氏系列のNLP学院さんでも同じシステムのようです。

ところが、中には、その様なルールのない、
何でもありの団体もあり、
問題が起きているようです。

最近、私たち創始者リチャード・バンドラー米国NLP™協会系の
団体に寄せられる代表的な相談がそれです。
「他の系列のNLPを学んだのですが、
何か違うような感じがするので移りたい・・・」
「創始者の資格が取れると思ったのに違っていた・・・」
この様な場合、どうにか対処したい気持ちで一杯になります。

しかし、系列が違う私たちにはどうすることも出来ません。
そこで、NLPの資格コースを学ぶ時には、
系列ごとのルールをご確認の上で受講されることをお勧めします。


「NLPとは」:日本で使えるNLPを学ぼう

自由な国とよばれるアメリカ。

そして、日本ではあまり知られていない事実ですが、
成人の2人に1人は週3時間以上のボランティア活動をしている国アメリカ。
NLPは、そんな自由と愛の国で1970年代に生まれました。

NLPが日本に初めて入ってきたのは1980年頃です。
そして、分野を超えた卓越性が体系化されたNLPは、
30年の年月をかけて日本でも注目されてきました。

ところが、残念な事実があります。
色々な機会で出会う人の中のおよそ5人に1人は、
「NLPは日本人には向かない・・・」と言います。
更に、5人に1人が「NLPを学んだけれど違和感を・・・」と言います。

「NLPに出合えて良かった!」と言ってくれる方がいる半面、
NLPを学んだ40%以上の方がNLPに否定的な感想を持っていたのです。

実は、私たちも当初、同じように感じていました。
「NLPには、日本で使える部分とそうでない部分がある・・・」

アメリカ生まれのNLPを、
そのまま文化の異なる日本で使おうとするとギャップが生じます。

理由は、
NLPは卓越した人たちの言語パターンから生まれたスキルだからです。
文化が異なれば言語が違います。

例えば、日本語には「ねぎらい」という言葉がありますが英語にはありません。
「ねぎらい」は、日本特有の文化なのです。
「ねぎらい」を和英辞書で引いてみると
「appreciation:感謝」、「thanks:ありがとう」と訳されます。

この様に言語が違うアメリカで生まれたNLPは、
時々、「日本では向かない・・・」と言われてしまうのです。

誤解の無いように整理します。
アメリカ生まれのNLPの卓越性を、
そのまま日本で活かせる部分はあります。
ところが、そのままでは活かせない部分もあるのです。

日本の文化に合わない使い方をすると、
コミュニケーションのミスマッチを起こすのは当然のことなのです。


「NLPとは」:最新のスキルと受け継がれたスキル

時々、創始者のNLPと言うと「古いのかなぁ?」と感じる方がいます。
でも、安心して下さい。

創始者リチャード・バンドラー米国NLP™協会認定のトレーナーは、
毎年、
スキルのブラッシュアップを受ける機会があります。

ですから、米国NLP協会のトレーナーは、
創始者から受け継がれてきたスキルに加え、
最新のスキルを持ち合わせています。
そして、資格取得コースのプログラムが、毎年、最新のものに更新されるのです。

また、米国NLP協会のトレーナーも同様に、
資格を取得した後も定期的に、
そのスキルをブラッシュアップしているのです。
マスタープラクティショナーコースを担当するトレーナーは、
一定条件が満たされたトレーナーだけが開催を許されます。

更に、私たちトレーナー協会の内部規定をお知らせします。
アシスタント経験が2年以上のトレーナーだけが、
資格取得コースであるプラクティショナー・コースを通しで担当できます。

初めて資格を取得したトレーナーは、
十分に経験を積んでから資格取得コースを担当する事になります。

私たちトレーナー協会は、
創始者から受け継がれてきたスキルと随時更新される最新のスキルを、
経験を積んだトレーナーが担当して提供しています。


「NLPとは」:天才リチャード・バンドラー氏の後継者

創始者リチャード・バンドラー氏から世界最高のNLPトレーナーと称される、
米国NLP™協会会長のジョン・ラバイユ氏が2010年9月に初来日しました。

その際に行われたワークショップは衝撃的でした。
世界最高のNLPトレーナーと称されるにふさわしい内容でした。

私たちNLPトレーナーは、様々なNLPを学んできました。
世界的に名の通った数多くのトレーナーからも学んできました。

そして、私たちはリチャード・バンドラー米国NLP協会のNLPを選択しています。
それには、理由があります。

圧倒的に、創始者リチャード・バンドラー米国NLP協会のやり方が卓越しているのです。
リチャード・バンドラー博士を、
誰もが天才と呼んでいる理由がそこにあります。

そして、それこそがINLPA、IANLPといった世界的なNLPの組織が存在する中で、
日本では創始者リチャード・バンドラー系のNLPが圧倒的に支持されている
本当の理由だと思います。

世界でNLPはどの様な存在なのか?
私たちが所属している創始者リチャード・バンドラー系米国NLP協会の組織は、
世界中で活躍しています。

ロンドンでは2,000名を超える方が
創始者リチャード・バンドラー系米国NLP協会の資格取得コースを修了しています。
また、イタリアでは1,200名。
日本でも1,500名を超える方が毎年、
創始者のNLP資格取得コースを卒業しているのです。


「NLPとは」:NLPトレーナーを目指す方へ

どの団体でNLPを学ぶことも自由です。
そして、
どの系列のNLP団体でNLPトレーナーを目指すことも自由です。

創始者リチャード・バンドラーの言葉。
『自由がすべてであり、愛が残りの全てである』
と語られているように、
創始者は素晴らしい志を持った方たちが
NLPの団体を組織していると信じているからです。

創始者リチャード・バンドラーのNLPトレーナーになる場合は、
所定のプロセスを経て資格を取得しなければなりません。

また、権威ある創始者リチャード・バンドラー氏、
ジョン・グリンダー氏の認定資格を取得するには、
それぞれの系列団体でNLPの講座を受講しなければ取得することが出来ません。
是非、その部分だけは注意をしてください。

トレーナーになる為の所定のプロセスを卒業しても、
権威ある団体のトレーナー資格の受験資格が手に入ることはありません。

皆様に楽しくNLPを学んでいただけますように!

お問い合わせ・無料相談 コース見学 初めての方も安心して学べるNLPセミナー・講座 10周年記念キャンペーン 資格取得コース

ページの先頭へ