札幌校 マインドフルネスとNLP

こんにちは。
トレーナー協会です。


9月に入って、一気に気温が下がった気がします。
夜とかは、少し寒く感じる時もありますよね。


季節の変わり目ですから、
体調管理にはお気を付け下さいませ。


マインドフルネス


最近、私たちの団体が取り入れている一つのスキルに
マインドフルネスと言うものがあります。


NLPとはまた違うのですが、
共通点も何点かあります。


マインドフルネスとは、ティックナットハン氏が作った呼吸法です。
ティックナットハンは、何冊も本を出していますが
とても素晴らしい内容ばかりです。


NLPとの共通点


先ほども言いましたが、NLPと似ていることが何点かあります。
そして、古くは禅の時代から先人たちが残してくれているスキルなのです。


もちろん、禅などでは、五感などラポールなどの言葉はありませんが
同じような事が書いてあります。


心理学とは面白いもので、やり方はすでに先人たちが
体系化をしてくれているという事です。


例えばマントラ(真言)なんて言うのがありますが
これを少し学んでみると、トップ営業マンと言われる方は
無意識にマントラをしていることがほとんどだったりします。


NLPなどでは、マントラやマインドフルネスとは
あまり言いませんが、呼吸に目を向けたり
自分と向き合う時間が多かったりと
1つの瞑想みたいなところがあります。


今この瞬間を生きる。


大切なのはどんな時でも
自分を見失わずに、自分と向き合い、
今、この瞬間を生きるという事です。


この瞬間を生きれないと少し大変です。


例えばカウンセリングやコーチングをするにせよ
「前回は、失敗しちゃった。」
「終わった後、大丈夫かな?」
これは、過去の失敗に生きてしまったり
未来の結果に生きてしまっているという事です。


大切なのは今この瞬間にいるという事。
過去の失敗や未来の結果にとらわれないでください。


大切な事と現実で起きていることは
目の前にクライアントさんがいるという事です。


その時間を大切にする事。
そして、ガイドが自分自身でいる事。
この二つが大切です。


これだけがNLPではないのですが、
NLPや心理学を学んでいるのであれば
マインドフルネスを知ると、より学びが深まるかもしれません。


 

お問い合わせ・無料相談 コース見学 初めての方も安心して学べるNLPセミナー・講座 10周年記念キャンペーン 資格取得コース

ページの先頭へ