目標設定のポイント

創始者米国NLP™協会認定資格取得スクール

目標設定のポイント

2013年12月04日

目標設定について少しお伝えしたいと思います。

NLPでは目標のことを「アウトカム」と呼びますが、
これは達成感を味わえる成果を目標にすることを言います。

金銭的な報酬が得られるにせよ、
他人からの称賛が得られるにせよ、
自分自身の満足感が得られるにせよ、
達成感を味わえることがポイントになります。

なぜなら、
あらゆる生物は未来に得られる達成感のためにヤル気を起こすことができるからです。

エネルギー不足で動けなくなる前に、
未来に食糧を手に入れた状態を想像してヤル気を起こせるから、
生物は生き残れるわけです。

未来に目標を達成した状態をリアルに想像し、
その状態に対して喜びを強く味わうことがヤル気を上げてくれることになります。

目標を達成した状態を詳細にイメージすることが、
目標設定の重要なポイントの1つです。

ところが、現実に目標を達成するためには、
自分一人だけの範囲ではどうにもならないこともあるわけです。

だからこそ難しさがあるのです。

自分一人で一生懸命頑張ったからといって誰でも億万長者になれるわけではありません。

ビジネスを成功させるには相手が関わっています。

そして、その相手は自分の自由にはならない。それも当然のことです。

多くの人は、
「自分のビジネスが上手くいかないのは、買わない客が悪いからだ」とは考えないでしょう。
自分のやり方を工夫して対処しようとするはずです。

ビジネスに限らず、
競争社会の中においては多くの人が自分の責任を考えていると思います。

受験の時や、スポーツの試合もそうでしょう。

競争相手がいるにも関わらず、
目標を達成できるかどうかは自分の行動を基準にして判断されるということです。

野球の試合に負けたとしたら、
誰もが自分たちのミスや能力不足を反省するでしょう。

「相手が強すぎた」と言っても、
それは自分たちの能力の至らなさを間接的に認めているわけです。

誰も「あのピッチャーが打ちにくい球ばかり投げるから悪いんだ!」とは言わないと思います。

ただし、会社のレクリエーションとして草野球をするのであれば、
150kmの球を投げるピッチャーに手加減してもらうのは妥当です。

それは目標設定が違っているからです。

競争に勝つのが目標ではなく、
交流を通じて楽しむことが目標になっているということです。

競争の中に身を置くのであれば、
多くの人は自分の責任で目標へ向かっていくはずなのです。

そして、ダイエットやマラソンの完走など、
自分一人の責任で達成することでも、
全てを自分のこととして受け止めやすいでしょう。

達成できなければ、「自分はまだまだだなぁ・・・」と思って反省してみたり、
「また今度、頑張ろう」と気持ちを切り替えたりして、
他人を責めることはしないと思われます。

まして、遊園地で遊びたかったのに雨で行けなかったというような、
望みが叶わない原因が自然などにあった場合では、誰かに責任を求めることはしないでしょう。

「運が悪かった」と、あきらめようとするはずです。
ところが、それが対人関係になると不明瞭になりやすいものなのです。

原田トレーナーのレポートより

  • メール・お電話でのお問い合わせ・無料相談
  • NLPを体験したい!NLP入門コース
  • はじめての方へ!創始者の認定資格NLPプラクティショナーコース
受付時間:平日(祝除)9:30~12:00 13:00~17:30
ページTOPへ