第三世代NLPについて

創始者米国NLP™協会認定資格取得スクール

第三世代NLPについて

いくつかの団体のホームページを見たところ、
第三世代のNLPといった言葉を目にしました。
日本のNLPのほとんどが旧世代のものだと表現されていました。
トレーナー協会のNLPは、どの世代のNLPなのでしょうか?



最近、この質問をよくいただきます。

まず最初に、日本国内で90%以上のシェアを持ち、
世界で最も選ばれるNLPである
リチャード・バンドラー氏の米国NLP協会には、
『第三世代NLP』という定義はございません。

私たちトレーナー協会は、
その米国NLP協会の基準を満たした資格取得コースを開催しています。


『第三世代NLP』については、NLP四天王の一人と言われる ロバート・ディルツ氏が来日時に、下記のように伝えたため
一部の方がNLPの進化の過程を表現するのに用いているようです。

第一世代が認知的アプローチ
第二世代が行動的なアプローチ
第三世代が関係性にアプローチ


これらすべてのアプローチは
リチャード・バンドラー氏の米国NLP協会のカリキュラムで、
すべて扱っている内容です。


『華道』や『茶道』に様々な流派があるように、
NLPにもいろいろな流派のようなものが存在します。

しかし、NLPの本流には『第三世代NLP』といった定義はございません。

リチャード・バンドラー氏の米国NLP協会によって認定されたトレーナーは、
古くから受け継がれているスキルだけでなく、
毎年のようにスキルのブラッシュアップが要求されます。
そのため、そのようなトレーナーが伝えるNLPは常に最新のものです。

安心してNLPを学んでください。


  • メール・お電話でのお問い合わせ・無料相談
  • NLPを体験したい!NLP入門コース
  • はじめての方へ!創始者の認定資格NLPプラクティショナーコース
受付時間:平日(祝除)9:30~12:00 13:00~17:30
ページTOPへ