NLP 資格

NLP 資格

2019年03月01日

皆さん こんにちは。
トレーナーの猪瀬です。

最近は、NLPの資格についての
お問い合わせが多いので
本日は、NLPの資格について
情報書かせていただければと思います。

最初にお伝えしておくと 学びの質は
団体さんによって違います。

しかし、資格の効力に関しては
どこで資格を取得してもあまり効力は変わりません。

ご自身に合う団体を見つけるうえで
少しでも参考になれば幸いです。

  NLPの種類

まず、現在、日本だけでも 沢山の
NLP団体が活躍されています。

色々なNLPの資格もあるようですね。

当協会を含めて、日本で多く開催されている
資格取得コースが共同創始者の
1人 リチャードバンドラー博士の米国NLP™協会です。

他にも素敵な資格は沢山あります。

クリスティーナ・ホール女史の米国NLP協会
タッド・ジェームス氏の全米NLP協会
共同創始者の1人 ジョングリンダー博士のニューコードNLPなど
NLPの資格って沢山あるのです。

そうすると、違いとかがあるのか気になりますよね?
それでは、NLPの違いも書いていきたいと思います。

NLP 資格の違い

NLPでは、団体によって「テクニック」や
「スキル」は 違うのか?という事ですが、
同じNLPで土台になるスキルは
変わりませんので同じような部分は沢山出てきます。

しかし、団体の創始者が独自に
作り出した手法もあるので 多少の違いもありますし
また、資格取得の必須時間も違いがあります。

リチャードバンドラー博士の資格取得講座は
他団体に比べると短い方であり、「カリキュラムが足りないのでは」と
言われることも少なくありません。

なぜ、バンドラー博士のNLPのカリキュラムが
短いと言うと 1つは、NLPのポイントでもありますが
短い時間で状態を良くすると言う事が影響しているのかもしれません。

ですから、バンドラー博士が大切にしている
「NLP」は 伝統的なNLPであります。

短時間での変容を大切にしているため
多くの時間とスキルではなく、実践で使いやすく、
効果の出やすいスキルに
特化したカリキュラムと言う事です。

ですから、長時間かけてゆっくり変わっていく事を
大切にされている方は、長時間の学びに
特化したNLPを 学ぶと自分に合う学びが
出来るのではないかと思います。

NLP 資格の効力 冒頭にも書きましたが
NLPの資格の効力はどこで取得してもあまり変わりません。

NLPの資格を取得すると
「就職で役立ちますか?」などのご質問も多いです。

こちらをご覧いただいている皆様は
何かきっかけがあって「NLP」と言う言葉を
知った方もいらっしゃるのではないでしょうか?

私が、NLPではなく 初めての方向けの
カウンセリングやコーチングの 講座を担当するときに
「NLPを知っている方?」と聞いても 50人いたら3~4人程です。

ですから、NLP自体を知らない方が多いのです。
NLPの「テクニック」を使いこなせれば
有利になるかもしれませんが、
資格だけ取得をしても 就職で優位になれるかどうかは、
少し私も疑問に思うところでもあります。

経営者などがNLPを学んでいたりしたら
資格の効果を発揮するかもしれませんが…(笑)
「キャリアコンサルタント」等の有名な資格の方が
就職活動には有利かもしれません。

 NLP 資格 独立・収入

「NLPトレーナーとして活躍するには?」
「NLPトレーナーの収入は?」
「カウンセラーとして活躍したい」など
この様なご質問も沢山いただきます。

NLPトレーナーとして資格取得コースを 開催するには、
「NLPトレーナー」と言う資格が必要です。
こちらの資格に関しては団体によって取得方法が違います。
また、トレーナーの収入に関してですが
NLPトレーナーとして仕事をしたい!と思っていると
当然、収入も気になりますよね。

昨日、NLPトレーナーになった方と
15年前からNLPを伝えている方と
「どちらから学びたいか?」と言われたら後者ではないでしょうか?

トレーナーになったからと言って
すぐに収入が安定するわけではありません。
集客のノウハウなど、ビジネスのスキルも必要になりますし
トレーナーとしての経験や実績も重要になります。

また、カウンセラー等の個人セッションで
生活しようと思っても日本ではまだまだ厳しい現状があります。
しっかりとした知識や経験を身に着けてから
活躍の場を広げることをおススメします。

NLP 資格 自分にあった団体で資格を
取得する 受講を迷われている方は、
資料請求や体験講座で 団体の特徴やNLPを知ることも大切です。
自分に合う団体、トレーナーと出会う事が大切です。

NLPは、資格取得も大切ですが NLPを
「出来る」ようになることが1番大切だと思います。
学べばNLPは「わかる」事が出来ます。

しかし、わかると出来るは違います。
NLPの資格を取得しても出来なければ
意味がないように思えます。

出来るまで学び、日常で積み重ねていく事が
NLPを使って活躍する方法だと思います。
ここまで、お読みいただきありがとうございました。
NLPの種類

その他の関連記事

関連した記事はまだありません。

  • メール・お電話でのお問い合わせ・無料相談
  • NLPを体験したい!NLP入門コース
  • はじめての方へ!創始者の認定資格NLPプラクティショナーコース
受付時間:平日(祝除)9:30~12:00 13:00~17:30
ページTOPへ