NLPの団体の選び方について

創始者米国NLP™協会認定資格取得スクール

NLPの団体の選び方について

『NLPを学ぶ団体がありすぎて迷っています。
トレーナー協会と他の団体との違いを教えて下さい。』

現在、国内では、さまざまな団体がNLPを伝えています。
そこでNLPを学ぶにあたって大切なポイントをお伝したいと思います。

NLPは、もともと心理療法から生まれた1つの学問です。
そのためカウンセラーやセラピストといった心理領域の中で活用されていましたが
卓越したスキルとして、徐々にビジネスやコミュニケーションの分野でも
注目されるようになりました。

結論からいうと、NLPは、広くどのような場面でも活用することができます。

・部下の育成
・社内でのコミュニケーション
・将来の目標設定と達成
・子どもとのコミュニケーション
・自分のモチベーションを上げる方法
・日々の生き辛さからの解放
・天職を見つけたい

 

そのため、ご自身が「どのような場面でNLPを最大限に活用したいか?」が、
学ぶ環境を決める上で、非常に重要となります。

その点について強みを持つ団体を選んでいただくことで
NLPを学ぶ価値を最大限に感じていただけると思います。

当協会では、NLPをお伝えする上で、さまざまな業界で活躍する
経験豊富なトレーナーが講座を担当することを大切にしています。

■起業家支援プロジェクト、ドリームゲートの営業マーケティング部門元No.1コンサルタント
■関西女性初の国際コーチ連盟マスター認定コーチ
■臨床心理士、カウンセラー、医師向けのカウンセラー養成講座を担当するトレーナー
■「歯科医1人で平均の3倍売上げる仕組み」で活躍する歯科医コンサルタント
■コーアクティブコーチング、ダイエットコーチングの第一人者
■日本最大級の工務店ネットワークグループ3年連続営業効率全国1位の経営者
■心身症など多数の症例を改善してきた実践主義のセラピスト

トレーナーについての詳細はこちらをご覧ください

しかし、いろいろな実践方法を学んだからといって、
すぐに現場で使えるというわけではありません。
それは、近い境遇はあれど、全く同じ場面はほぼないに等しいからです。

そのため、当協会では、しっかりと応用できるスキルを身につけることが大事だと考えています。
さまざまな業界で活躍するトレーナーから、多角的な視点のNLPの活用方法を学ぶことで、
スキルの幅を広げて、自分自身の受け取り方の選択肢が増やすことができます。
その上で実践できるレベルまでスキルを身につけていくのです。

NLPは実践して、初めて効果・価値が得られるものです。
実践できるレベルまで身につけて頂くことが、私たちが一番大切にしていることです。

  • メール・お電話でのお問い合わせ・無料相談
  • NLPを体験したい!NLP入門コース
  • はじめての方へ!創始者の認定資格NLPプラクティショナーコース
受付時間:平日(祝除)9:30~12:00 13:00~17:30
ページTOPへ