禁煙するには

こんにちは。
トレーナー協会です。


NLPで扱う1つのスキル


NLPでは、パートというのを扱います。


簡単に言ってしまうと、私たちの中には
○○したい自分と○○できない自分がいます。


最近多いのが、
タバコを吸いたいと言う自分と
タバコをやめたい(禁煙したい)という自分がいます。


沢山の自分がいるという事です。
少し、怪しく感じてるかもしれませんね。(笑)


しかし、タバコを止められない人の特徴は
自分の中の吸いたいと言う私が強く出るのです。


その中で、周りが辞めて行ったり、病気になったり、
禁煙などのTVや新聞記事などを見たりすると、
タバコをやめたい自分が出てくるわけです。


「あぁ、自分もタバコやめないとな」「明日からやめよう。」
「この1箱を吸ったら最後にしよう。」「本数を減らすことから始めよう」
「電子タバコでも買ってみようか。」


なぜ?禁煙できないの?


しかし、禁煙したい気持ちがあっても
中々、出来ないものですよね。
しかし、それは自分の意志が弱いのではありません。


その理由を簡単にお伝えしますね。


先ず、タバコを吸う意図とやめたい意図を考えてみます。
タバコを吸うと=リラックスできる、集中できる、安定できる、落ち着ける…等
タバコを止める=健康、匂いが気にならなくなる、周りの目が気にならない…等


この様になぜ吸うか、吸わないかを考えると意図が出てきます。
簡単に言うと、どちらを選択しても自分にとって+になるという事です。


では、なぜやめられないのか?を考えてみましょう。


自分にとっての肯定的意図は価値観とも言われています。
価値観とは、自分が大切にしていること。


自分たちの行動基準


例えば、人生で大切な事を考えてみてください。
人それぞれ、全然違うものが出てくると思います。


人生で仕事を大事にしている人もいれば、
人生で家族を大切にしている人もいます。


人生で大切なのは仕事=家族より仕事を優先します。
人生で大切なのは家族=仕事が終わっていなくても家族との時間を優先します。


何を大切にしているかで行動が変わってきてしまうのです。
しかし、ちゃんと考えると、家族も大切だし、仕事も大切ですね。
どちらも大切にしているはずなのですが、価値観には優先順位があります。


そして、その優先順位で行動をしていきます。


家族は大切だけど1番は仕事となっている人は
家族の時間を大切にしなくちゃ!と
わかっていても仕事を優先してしまう訳です。


ここまで読んでわかった方もいらっしゃるかもしれませんが、
タバコを吸う=落ち着ける
やめる=健康になる


健康と言う価値観よりも
落ち着くと言う価値観の方が優先順位が上だったら
わかってはいるけど、中々やめることが出来ないのです。


あっ、やめたくない人はそのままで良いんですよ(笑)


あくまでも、やめたいと言う気持ちがある人に対しての
考え方になります。


代替え行動などを見つけることが一つの手段です。
代替え行動とは、タバコ以外でリラックスできるものを見つける。


例えば、タバコを吸ってた人が運動を始めたら
タバコよりスッキリできたので自然とやめれた人と言う方が
この前の講座にいらっしゃいました。


もしくは、価値観の順位が変わる場合が時々あります。
女性であればタバコでリラックスという価値観があっても
子どもが出来たら、子供の体を優先するようになってやめた…等


何かしらの意図を満たすことが出来たり
作ることが出来ると、行動は変わってくるのかもしれません。


禁煙だけではなく


NLPでは、行動してしまう自分(パート)の裏側にある
価値観(肯定的意図)を探して、向き合うトレーニングがあります。


自分と向き合う事でより良い自分が見つかるかもしれませんね。


タバコだけではなく、仕事や恋愛、片付けができない、人前で話せない・・・など
色んなテーマの裏側には肯定的意図が詰まっているはずです。


それを見つけることが出来たら、
自分にOKを出すことができ、楽に生きれるかもしれません。
少し、自分と向き合う時間を作ってみましょう!

お問い合わせ・無料相談 コース見学 初めての方も安心して学べるNLPセミナー・講座 10周年記念キャンペーン 資格取得コース

ページの先頭へ