言葉による相手への影響

こんにちは。

トレーナー協会です。


言葉による影響力って大きい


言葉というのは、相手に非常に大きな影響を

与えるものだと思います。


それは、何気ない一言で

相手を癒すこともできれば、

悪気はなくても人を傷つけることが出来るからです。


中学生時代に聞いた事


私が中学生3年生だった頃の

担任の先生は家庭科の先生でした。


ある日、先生がこんな話を教えてくれました。


先生には、Aさんという友人想いで明るい女の子と、

小学校、中学校、高校と一緒だったそうです。


ある日、先生は軽い遊び心で、

体育の時間に汗をかいているAさんに、

「汗臭い」と冗談で言ってしまったそうです。


その時はAさんも笑ってくれたそうですが

次の日からAさんに変化が現れたそうです。


Aさんからは香水の匂いがするようになり、

登校時、授業終わり、体を動かして汗をかいた時は異常なほど

香水を体に振りかけていたそうです。


当然、周りからは「臭い」と言われます。

そうすると、更にAさんは香水を振りかけたようです。


先生も異常だと思い、だんだんと少し距離をおくようになりましたが、

自分が言った一言が原因だとはこの時は気づきませんでした。


その行動は、学校内に広まり、

Aさんの親も見過ごすことは出来なくなり病院へ連れて行ったそうです。


自己臭恐怖症


これは、Aさんが診断された病名です。

その後、Aさんは色んな人の支えもあり時間はかかりましたが

克服することが出来たそうです。


先生は、克服したAさんにしばらくしてから

どうしてそうなったかを聞いたそうです。


すると、Aさんは

「体育の時間にあなたが私の事を臭いって言ったんだよ。」

と言ってきたそうです。


先生が軽い気持ちで言った一言が

こんな事になるなんて思っていなかったので、

先生はひどく落ち込み、後悔したそうです。


先生が私たちに話してくれたのはここまでです。


その後、彼女との関係がどうなったのか、

先生が何を伝えたかったのかは、当時の私は深く考えませんでした。


しかし、心理学を学んだ今だからこそ

当時の先生の話を明確に思い出し考えました。


この話をした時の先生は、

悲しい表情で今でも後悔している表情だった気がします。

もしかしたら、自分の感情を吐き出したかったのかもしれません。

それとも、言葉や友達の大切さを伝えたかったのかもしれません。

いずれにしても、今は分かりません。


しかし、今思い出すと

先生から私はすごく大切なことを教わった気がします。


自分が言われても気にしない言葉でも、

もしかすると、相手にとっては深く傷つく言葉なのかもしれません。


人の状態を作るやり方は、たった一言です。




状態は一瞬で作られるけれども

作られた状態を治すのは、時間がかかる場合があります。


コミュニケーションの主人公は

相手です。


相手を大切にしながら

気持ちに向き合っていけると良いですね。

お問い合わせ・無料相談 コース見学 初めての方も安心して学べるNLPセミナー・講座 10周年記念キャンペーン 資格取得コース

Leave a Comment

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

CAPTCHA


ページの先頭へ