○○がやめられない理由とは?

こんにちは。
トレーナー協会です。


依存してしまう事


皆さんの周りに、何かに依存している方はいらっしゃいますか?
例えばギャンブルなどで
依存してしまっている場合、中々抜けられないのが現状だったりします。


では、なぜ依存してしまうのでしょうか?
今日は1つの理由を書いてみようと思います。


耐性と刺激


まず、耐性と刺激と言うものによって
引き起こされてしまいます。


耐性というのは
例えば、パチンコなどの場合
初めてパチンコをした方が1万円使って
10万円になったとしてください。


すると嬉しかったり、周りにすごいねと言われたり
良い感覚が出来ます。


じゃあ、次の日に1万円を使って
5万円になったとしましょう。


買っているのに前回より金額が少ない。
周りから、前回は10万円だったのにねと言われると
いくら勝っても、満足はできません。


これが耐性です。
最初に10万円という耐性が出来てしまうと
次に5万円勝てても満足できないのです。


もう一つが刺激です。


刺激というのは、パチンコ屋さんの
広告や看板などを目にすると
今日出るんじゃないか?
今日は勝てるんじゃないかと勝手に想像してしまう事です。


また、今日は1万円までと決めて出ないと
あと、もう少し投資したら出るんじゃないか。
もし、やめて次にやる人が出ちゃったらどうしよう。
など思い込んでしまったりすることです。


この思い込みは中々制御ができません。
これが刺激です。


この二つが依存してしまう一つの原因です。


趣味で楽しめれば・・・


適度に趣味として楽しむのは
OKだと思います。
しかし、今日はこれまでと決めて、
その通りに出来る人は中々いないのではないでしょうか?


これは、快楽欲求と言うもので
一時的な満足を得るための手段です。


例えば、あまりよい例ではありませんが、
clubなどで、お金を使いこんでしまう。
お金を使いすぎてしまうなども同じ出来事が起こります。


素敵な女性が座る→話す→仲良くなる→もっと仲良くなりたいと思う。


仲良くなって、2人で食事してるイメージをしてしまう。
だからもっとお金を使って仲良くなろうとするわけです。


一時的な快楽を満たす


自分たちは一時的な快楽を満たすために
この様な行動をとってしまう場合があります。
好きではなくて、快楽と刺激、誰かからの承認がほしい場合がほとんどです。


もし、変えたい人がいれば
一時的な快楽を満たしているという事に気づいてください。
悪いことではありません。


自分を責めずに、代替え行動を


スポーツや運動でも快楽は満たされます。
やりすぎてたり、依存してると感じた時は
代替え行動を見つけることをお勧めします。


そして、快楽を満たそうとするのは
人間であればしょうがないことです。


NLPや心理学では
この様な状態で悩んでいる方も沢山いらっしゃいます。


そして、その多くの方が自分を責めてしまうのです。
人間はダメだと思うともっとやってしまう事が多いです。


自分を責めないで
行動変容ができると望ましいですね。


 

お問い合わせ・無料相談 コース見学 初めての方も安心して学べるNLPセミナー・講座 10周年記念キャンペーン 資格取得コース

ページの先頭へ