名古屋校 NLPの本質

こんにちは。
トレーナー協会です。


今年も、アメリカでNLPのトレーナーコースが
開催されたようです。


トレーナー協会の卒業生からも
アメリカでトレーナーコースに参加し
トレーナの認定証を頂いたのことです。


皆さん、おめでとうございます。
これからのご活躍を信じています!


さて、NLPには沢山のスキルがあります。
コミュニケーションスキル、カウンセリングスキル、
コーチングスキルなど様々なやり方を体系化しています。


1つ1つを講座で実際に体験していただくわけですが、
NLPの大切にしていることの一つが観察です。


NLPを学ぶと


よく言われるのが
目の動きで嘘がわかるとか言いますね。


それと同じように相手を観察して
言葉以外の相手の態度と向き合っていきます。


ここまでは、NLPのスキルで学ぶことが出来ます。
しかし、良くNLPで相手が嘘をついてるかわかるようになった。
相手が本音なのかわかるようになった。
こういった声が多く聞かれます。


浅いレベルのNLP


言葉が悪くなるかもしれませんが
嘘をついてる人がわかるようになったというのは
とても浅いレベルのNLPな気がするのです。


じゃあ嘘をついている人がわかってどうするのか。
怒る?注意する?見過ごす?


理由はいくつかありますが、
クライアントがNLPトレーナーを信頼してない場合です。(笑)
信頼してない人には本音で話せないですから、
嘘を見破る方法よりも信頼関係の築き方をしっかりやるべきと思います。


人格と向き合う


そして、もう一つは信頼できる人にも
嘘をついてしまう人がいます。
その場合は、嘘ついたとかではなくて
その様にコミュニケーションをしてしまう
人柄に向き合う事です。

最初に言っておくと嘘を付かなくする技術を
やるのではありません。
この人は嘘を付いて生きてきたと言う人格と向き合います。


相手が自ら気づき変化を望まなければ改善はしないのです。
NLPは相手を見抜く技術ではありません。
多分、見抜くために創始者はNLPを作ったのではないでしょう。


NLPの技術は浅く使うと上辺のレベル位しか解決できません。
NLPの技術を深く使うことが出来ると
人格や深い部分と向き合うことが出来ます。


何に使うにしても


コミュニケーションで悩んでる人も
カウンセリングのスキルアップでも
コーチングのスキルアップでも
何かを見抜くだけでは対して成果は上がらないかもしれません。


NLPの本質を学び、
活用させることが大切です。

お問い合わせ・無料相談 コース見学 初めての方も安心して学べるNLPセミナー・講座 10周年記念キャンペーン 資格取得コース

ページの先頭へ