言葉と非言語

こんにちは。

トレーナー協会です。


言葉でしているコミュニケーションって

少し考えると面白くて、学びがあったりします。


例えば、イントネーションやアクセントの違いで

捉える意味って変わってきますよね。


今日は暇って言葉が

言葉尻が下がったり、変わらなかったりすると

自分にとっての意味になりますが、言葉尻を上げると投げかけになりますね。


方言が違うと意味の受け取り方に違いが生まれたりもしますね。

雨・飴これらは同じ言葉ですが発音が違うはずなのです。


この発音ってとても大切ですよね。


強くいったりもできるし

弱くいったりもできるわけです。


お話を聞いてください~

お話を聞いてください!!


文面でさえ最後が~なのか!!なのかで

印象が違うわけです。


自分たちがどの様に伝えているかで

相手の反応は変わってきてしまうわけですね。


自分の伝え方のパターンに気づくことが

1つ大切になります。


気づかなければ変化できませんからね。

気づいたら少しずつ改善していく事です。


情報を伝えることを言語

どの様に伝えているかを非言語と言います。


同じ言葉でも態度によって受け取り方が変わってきますから

言葉よりも非言語が大切なのですね。


自分が良かれと思って伝えても

伝わっていなかったり、、、

自分の伝え方は相手には通用しない場合があります。


コミュニケーションの主人公は相手ですから

時には相手に合わせたコミュニケーションをしてみることも大切です。

お問い合わせ・無料相談 コース見学 初めての方も安心して学べるNLPセミナー・講座 10周年記念キャンペーン 資格取得コース

ページの先頭へ