トレーナー協会のNLPの特徴

NLPを一言で表現すれば、
卓越した成功者たちのモデルです。
卓越した成果を出す者たちに共通する体験のモデリングです。

NLPの創始者リチャード・バンドラー博士は、
「NLP is attitude.」と言います。
Attitudeとは『態度』『心構え』です。
『態度』『心構え』。
それは、『人』としての生き方そのものです。

NLPは、卓越した者たちのモデル。
卓越した人生を送られた者たちの『生き方』『在り方』です。
『生き方』『在り方』のスキル、
それこそが人間力です。

人間力。
その一つは、
自分自身の問題を成長の機会と受け止め、
セルフコントロールする力です。

セルフコントロールする力とは、
自分と関わる者たちの可能性を広げる、
最高のコミュニケーションの力です。

多くの方がコミュニケーション力の大切に気づいている。

それは、コミュニケーション力の違いが、
成果を大きく左右することを知っているからです。

例えば、
あるNLPの講座に参加された中間管理職のテーマは、
「部下のやる気がない」でした。
この様なテーマを持つ方は珍しくありません。

さて、このテーマの根本問題は、
どこにあるのでしょう?

実は、
中間管理職のテーマの捉え方が視野を狭くしているのです。

なぜならば、
上司からみれば「部下がやる気がない」かも知れませんが、
部下にしてみれば「やる気が出ない仕事ばかりさせられている」と感じているものです。
この様に受け取り方を柔軟にするだけで、
問題解決の糸口が見えてくるのです。

この様な受け取り方がNLPのP(Programing)。
プログラミングです。

事実は同じでも、
受け取る者によって意味づけが変わってしまうのです。
部下は『ゆる気がない』のではありません。
部下は『やる気が出ない』のです。

それを、自分の見方で出来事を解釈すると、
部下は『やる気がない』と感じてしまうのです。

このように、
私たちは、
出来事を自分の都合の良いように(無意識に)解釈します。
その解釈が良い結果を生むのであれば問題ないですが、
ストレスを感じるような窮屈さを感じるなら・・・
プログラムの改善、
もしくは、
手放す時期にきているのかもしれません。

NLPは卓越した人生を送った者たちのモデルです。

ですから、誰でも、体系化されたモデルを体験することで、
上手にプログラムを修正、
または、
新しいプログラムを自分やまわりにインストール出来るのです。
まずは、NLPの基礎を、じっくり丁寧に体験してください。

時として、プログラミングである受け取り方は、
テクニックを学んでも簡単に変えられないことがあります。

なぜならば、
受け取り方は、
その方が人生を通して学んできた大切なことだからです。

例えば、
「子どもの頃に親から厳しく育てられたから、
 自分の子どもには優しくしたいのに、
 厳しく対応してしまう・・・」という問題を耳にすることがあります。

学んできた受け取り方は、
「親から厳しく育てられたので、自分の子どもには優しくする」です。
しかし、実際にしていることは、
自分が親にされたことと同じことをしてしまうのです。

この様に、体験から作られたプログラミングは、
複雑に絡まりあっているのです。

そこで、
NLPの基礎テクニックを学び、
そして、人としての土台にアプローチする在り方を学び続けて下さい。

私たち、一般財団法人日本コミュニケーショントレーナー協会は、
大切な時間を投資して学ぶNLP講座の学びの後にも、
『人』の土台となる部分にアプローチするスキルを提供しています。

「コミュニケーションとは人の在り方そのものである!」スキル=テクニック(NLP)×在り方

コミュニケーションは『人』の在り方そのものです。

コミュニケーションに興味を持った方なら、
次のような言葉を聞いたことがあるかもしれません。

人に魚を与えれば、
一度食べることができるでしょう。
人に魚の釣り方を教えれば、
残りの人生ずっと食べることができるでしょう。

あなたが一年先のことを考えるならば、
種を蒔くことです。
あなたが十年先のことを考えるなら、
人を教育することです。

種を蒔くことで、
あなたは一度の収穫を得るでしょう。
木を植えることで、
あなたは10倍の収穫を得るでしょう。
人を教育することで、
あなたは100倍の収穫を得るでしょう。

「菅子」(管仲の書より)

コミュニケーションは、『人』の土台です。

管子の言葉のように、
コミュニケーションは人生を生きる『種』です。

コミュニケーションという『種』を蒔いて、
社会という環境で育て、
ご自身の人生に花を咲かせる。

私たちトレーナー協会は、
そんな『種蒔き』のお手伝いをしたいと考えています。

コミュニケーションを通して『世界中を笑顔』にする。

コミュニケーションは『人』の在り方そのものです。

ですから、NLPの力が、
まわりに気づきと可能性を提供します。

NLPは、
豊かで楽しい時間を自ら創り出していく能力なのです。

トレーナー協会の考え方。
コミュニケーションを通して『世界中が笑顔』

繰り返しになります。
私たちトレーナー協会は、
コミュニケーションを『人』の在り方そのものと考えています。

『人』の在り方とは、
人の本質と向き合える人間力です。

本質と向き合う力こそが、
関わる者たちを笑顔にする最高のコミュニケーション能力です。
それが『世界中が笑顔』になる第一歩です。

コミュニケーションは「人」の在り方そのものです。
そのコミュニケーションの根幹を支えるのがNLPです。
一般財団法人日本コミュニケーショントレーナー協会

お問い合わせ・無料相談 コース見学 初めての方も安心して学べるNLPセミナー・講座 10周年記念キャンペーン 資格取得コース

ページの先頭へ