NLPを実践して活躍する卒業生たち

更新日2016.08
山下 あずみ

山下 あずみ

職業 YOGAインストラクター・医療受付事務

■授業後、自分の中で起きた化学反応

◆受講しようと思ったきっかけはなんでしょうか?

娘の大学受験がきっかけでした。
私も何かに向けて頑張って勉強しようと思ったんです。
仕事で医療受付事務をしているので
患者様とのコミュニケーションがうまくとれれば良いなと思っていました。
また、ヨガのインストラクターもしているので、
クラスの中でヨガの座学的なことを伝えるために、
生徒さんに活かせれたらよいなと思いました。


◆なぜ当団体を選んだのですか?

実は、たくさんの心理学、業界を調べていくうちに
NLPは違うなと除外していたんです(笑)
事前に別の団体のNLPの説明を聞かせてもらったのですが、
アメリカの心理学なので、日本人には合わないかなと思って
本当は別のものを受けようと調べていました。
でも、日本コミュニケーショントレーナー協会は、
日本の文化に沿った形で教えて下さるとホームページで知り受けてみよう!と。


◆実際授業を受けてみていかがでしたか?

正直、クタクタでした。(笑)
初日から頭がいっぱいで…。
途中、「なんでこれを受けようと思ったんやろう」と少し違和感を感じたり(笑)
でも、すべての授業が終わってしばらくしてから
自分の中で「化学反応」が起きたんです!
それは、「自己否定していた自分を、自己肯定出来た」ということ。
長年抱いていた想いがあり、
ずっと自分の存在意義を求めていました。
自分のことを好きになれないから、
今から思えば傷つくのが嫌で人と深く関ることが出来なかった様に思います。


◆その化学反応は、どのワークがきっかけだったのですか?

自分でも、「これだ!」とはうまく言えないのですが、
原田トレーナーの授業の中でデモがありました。
そこで思い切って手を挙げて皆さんの前で自己開示したんです。
それがきっと私の自己肯定の道だったんだと思います。
勇気をだしてよかったって本当にそう思いました。


◆授業を通して、自己肯定出来たのですね

はい。そして、人の捉え方が変わりました。
昔は無意識に、傷つけられない様な距離感に神経を尖らせていました。
でも、自分の中で化学反応が起きた後、
人のことを「見る」ようになったんです。
苦手な人がいても、
表面的なものだけではなく
相手の言葉の向こう側にあるものを受け取れるようになりました。
そうすると拒絶反応が消え、
日々のコミュニケーションが心から楽しくなったんです。
それまでは、その人の言葉しか見てなかったんですね。。
まさにそれが、私の中の化学反応です


◆それは、大きな変化でしたね。

まだあるんです!
写真が大丈夫になりました。
それまでは、
写真を撮られるのもSNSに載るのも嫌でたまらなかったんです。
自分を表現するのが苦手でした。
この変化も、講座を受けてしばらくしてからなんです。
自分でも何がきっかけでとかはうまく言えないんですが
きっとワークを進めていく中で自己肯定出来たからだと思います。


◆まわりの反応はありますか?

高校・大学時代の友達に会うと、
「変わったね!」と言われました。
「あの時は(学生時代)どうしてあんなに周りを拒絶していたの?」と(笑)
NLPを受けた事を知らない友達からも言われるので、
随分変わったのかな?


◆学んだことは、どういった場面で活かされていますか?

仕事面では、
医療受付事務の方で、
患者さんから心を開いてもらえるようになりました。
授業の中で個人的に関心が深かったメタモデルを始め、
ミラーリング、
ラポール、
ペーシング
をふまえてコミュニケーションをとるようにしたんです。
もう学ぶ前と後では全然違います。
ヨガの方では、
原田トレーナーの言葉で「ビリーフをゆるめる」というのが心に残っていて、
その感覚はヨガ座学と一致しているので、
しっかりと自信をもって伝えれるようになりました。


◆授業のことをきちんと思い出されているのですね。

まだ、体の中に落とし込めてないなと思ったりすると、
トレーナーのお話やワークを思い出したりテキストを開いたりします。
でも、自分にとって一番落とし込めるのはアウトプットすること。
友人に付き合ってもらって食事がてら学んだことを話すことで、
再度自分の中で確認しています。
そうそう、大学受験の娘にNLPでやったワークをふたりで実践したんですよ。
目標に向かってのワークだったので娘も受験とどう向き合っていくのか明確になったようでした。


◆印象に残っていることはありますか?

とにかく生徒を置き去りにしない授業の進め方で、
トレーナーの愛情がいっぱいでした。
限られた時間の中で、
カリキュラムをこなすだけでも大変なのに、
授業が終わっても私達1人1人のことを気にかけて下さって…。
フォローもしっかりしていました。
お忙しい中話しかけても丁寧な対応をしてくださり、
安心感のある授業だったなあという印象でした。
自己開示ができたのもそんな環境のおかげだったからだと思います。


◆同じ講座を受けたメンバーとは繋がりはあるのですか?

マスターを受けて半年後、
メンバーで集まる機会があり、
授業を受けてその後どうだったかをみんなで話し合いました。
新しい目標に向かって頑張っている人、
その後色んな気づきがあった人…
みんなそれぞれ成長がみられました。
授業を受けた事は自分にとって大きなことでしたが、
何かしら同じ想いで共に学んだ仲間とのご縁も本当に大切です。
今でも、交流をもたせてもらい感謝しています。


◆これからの目標を聞かせて下さい。

今までなかなか自己肯定が出来ず、
自分にブレーキをかけていました。
頭の中でやりたいことはあるのだけどそれを実現することができなかったんです。
自己開示でき、自己肯定出来た今、
そのブレーキを緩めていきたいなと思います。
NLPの講座を受けて、
自分の中で起きた化学反応。
この感覚を素直に受け取り、
今まで断ってきたことや自分に訪れるチャンスに積極的に取り組んでいきたいと思います。
このインタビューもその一歩なんですよ。


◆これを読んでいる読者に一言お願いします。

受講するか悩んでいらっしゃる方。
受けたい!と思った時のその感覚を大切にしてくださいね。




Profile プロフィール
山下 あずみ
山下 あずみ

広告代理店で営業。
その後、ワーキングホリデーにて渡豪。
念願の海外生活を送る。
帰国後ヨガと出会い、師の薦めでインストラクターになる。
現在、鍼灸整骨院にて受付業務とインストラクター活動をしている。

お問い合わせ・無料相談 コース見学 初めての方も安心して学べるNLPセミナー・講座 10周年記念キャンペーン 資格取得コース

株式会社 日本コミュニケーショントレーナー協会
Copyright(C)2005-2017 Japan NLP. All Rights Reserved.