カウンセリング?それともコーチング?どちらを学べばいいの...

NLPを学ぶ目的の一つが、
コーチング、カウンセリングスキルの向上です。

「コーチングを学ぼうと思っていたらNLPという言葉が気になって...」
「カウンセリング調べていたら、NLPを学んでいる方が数多くいたので...」
そんな理由をおっしゃる方が大勢います。

そして、10年前とは、
カウンセリング、コーチングが変わっていて、
その中にNLPのテクニックが数多く採用されています。

例えば「ラポール」というテクニックです。

「ラポール」はNLPの用語で、
相手と信頼関係を構築するときに用いられるスキルです。

最近では、
その「ラポール」という言葉が、
様々なカウンセリング、コーチングの講座で当たり前に使われます。
コーチング、カウンセリングの著書、
セミナーで使われるテキストにも、
自然に使われるようになりました。

この様な事実から、
NLPがコーチング、カウンセリングの専門家に受け入れていることが明白です。

また、NLPの資格取得コース自体に、
コーチング、カウンセリングが学べるように組み込まれています。

そして、NLP流の五感をフルに使ったコーチングは、
世界を代表するコーチングでは、
そのまま取り入れられています。

10年前のコーチングは、
それはそれは思考的でした。

コーチングにおいて五感をフル活用するなど、
当時のテクニックにはなかったのです。

また、世界No.1コーチといわれるアンソニー・ロビンス氏の
映像、Youtubeをご覧になれば一目瞭然です。

コーチングとカウンセリングの区別がありません。

更に、世界No.1コーチといわれるアンソニー・ロビンス氏の
ベースとなっているスキルは、
まぎれもなくNLPです。

ですから、
カウンセリングにしようか?
コーチングにしようか?
そんなことで悩むより、
何の目的で学ぶのかを明確にすることが大切です。

こちらは、
カウンセリングとコーチングを一緒のスキルとみなして、
心理カウンセリングろコーチングが1日に学べる講座です。
ご参考になさってください。

心理カウンセリング、コーチング1日講座。
ページの先頭へ